PET/CTがん検診と診察・治療・健診・リハビリは長崎県諫早市の西諫早病院へ。

PET/CTとは「陽電子放射断層撮影法」と呼ばれる最新の画像診断です。

MRIやCTのように癌(がん)の形態を診断する検査法とは異なり、細胞の代謝・機能を画像化することにより早期に癌を発見する検査です。
また、欧米では"PET FIRST(まずペット検査を)"が常識となりつつあり、PETをさらに進化させたPET/CTは最先端の診断器機と言えます。

○小さな癌も発見

10mm程度の小さな癌も診断が可能です。5mm程度の小さな癌が見つかる場合もあります。

○痛みは注射1本だけ

放射性検査薬剤(FDG)を投与しますが、ブドウ糖(砂糖水)によく似た成分なので副作用の心配はありません。

○高い癌診断能力

PETとCTを一連の流れで撮影することにより、検査時間の短縮と正確な診断が行えます。
癌細胞は増殖が盛んで、正常細胞に比べ約3〜8倍のブドウ糖を消費する性質があります。
PET/CT検査(Positronポジトロン Emissionエミッション Tomographyトモグラフィ:陽電子放射断層撮影法)ではこの性質を利用し、ブドウ糖に似た放射性検査薬剤(FDG)を体内に注入します。検査薬剤が全身にいきわたるのを待って画像化すると、癌細胞にFDGが多く集まるため、癌の位置や拡がりなどを早期に診断できるのです。

医療法人祥仁会グループ西諫早病院は24時間救急医療体制の病院です。あたたかな心と最新高度医療で患者様の早期回復にお手伝いいたします。またPET/CTがん検診により全身の早期がん(癌・ガン)・進行がん(癌・ガン)の発見で皆様の健康のお役に立ちたいと念願しています。医療法人祥仁会グループ救急西諫早病院/長崎県諫早市貝津3015番地